この記事は……。

  • 肌がカサカサしてうるおっていない
  • お肌にハリとキメを取り戻したい
  • お肌がごわごわして化粧乗りが悪い

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

潤いがないと見た目年齢が上がっちゃうんです

最近お肌に潤いが感じられない。そんな経験ありませんか?お肌に潤いがなくなっていくと肌は弾力を失ってしまいます。するとシワが増え、肌全体がブルドッグのように垂れてしまいます。すると、顔の雰囲気や外見から実年齢よりプラス5歳10歳老けたと言われることもあります。さらに化粧ノリが悪くなると女性はもっと若く見せたいがためにたくさんお化粧をして若く見せようとします。ですが肌に潤いがない状態でお化粧をしてものりが悪くなってしまって、なかなかメイクが済まない。また厚化粧になってしまうそんなこともあります。このような状態だと気分的にも落ち込んだままになってしまいより一層お顔が暗い印象になってしまいますねまたその他にも水分がないと強い突っ張り感が長引き、肌ツヤが失われた状態になりますさらには痒くて肌を引っ掻いてしまうそんなこともあるでしょう。
肌の水分量を上げるためには正しいスキンケアが大事です。角質の奥まで水分を行き渡らせ皮脂を適度に分泌させる強い肌が大切です。さらにこのような肌はバリア機能がしっかりと働いているので多少の外部からの刺激でも肌のくすみやハリキメを維持することができます。

 

肌の構造はご存知ですか?

私たちの肌の一番外にあるのが表皮と呼ばれるものです。肌は上から角質層・顆粒層・有刺層・基底層の四つに分類されています。
表皮の上にある角質が潤いを守ってくれる角質は表皮の一番上にあります。サイズは0.01から0.02ミリほどしかありません。大体ラップと同じくらいの薄さで、潤いを守るとても大事な部分です。

 

ターンオーバーを乱れさせないためにすること

お肌はターンオーバーという新陳代謝を何度も何度も繰り返していくことで、細胞を定期的に新しいものへと入れ替えます。ただ日々の生活が忙しかったり、睡眠不足やバランスが偏った食事を続けたり同点運動不足などが当たるとこのターンオーバーが正しく働かなくなってしまいます。スルト水分量が少ない古い角質がいつまでもずっと肌に止まります。

 

皮脂も重要な役割があります過剰に太ってはいませんか?

皮脂は何かと悪者扱いされやすいですが肌にはとても重要な役割を果たします。肌の潤い成分が蒸発しない役割を担っているんですまゆこの人油が混ざってできている皮脂膜これはいわば自家製の保湿クリームなんですよ。皮脂がたくさん出てお肌がテカテカしているからといって、クレンジングや洗顔でゴシゴシと強く洗ってしまうと肌の内部が水分低下を招き潤いが逃げてしまいます。ただし日中よくベタついたり、コメドがよく立ったり、メイク崩れが多かったり、T ゾーンはテカテカしていてもくちら目元がカラッと乾燥している人は要注意です。これは乾燥肌とはまた違ったインナードライと呼ばれる肌です。

 

これは普段のスキンケアではなかなか治らない厄介な肌です。
これを改善するためには皮膚の奥までしっかりと水分を行き渡らせるケア、皮脂を過剰に分泌させないコントロール力を維持できるケア。
これがとても重要になっていきます。

 

 

正しい保湿方法を知っていますか?vcスキンジェルで正しく保湿!

保湿と言うとおから煮水分をたくさん塗り塗りすること。と思っている人は多いはずです。
それは一時的な対策であり時間が経つと蒸こんなところかな発してしまいます。正しい保湿方法とは肌本来が持っている自分から潤う力を生かし水分を保つバリア機能を援助できるよう、肌の環境をしっかり整えることが重要です美容液は保湿とビタミンが含まれているものを選ぶこと
しみやたるみといったいつも肌を悩ませるものがありますよね。これに合わせた美容液を選ぶことが大事です。特にビタミン C はハリやキメといったお肌に嬉しい成分がたくさん含まれています。ただこれは安定性に欠けるものであるため従来まではなかなか皮膚に浸透しない効果が発揮しない成分と呼ばれていました。ですが近年になってビタミン C 誘導体という新しいものができました。これによってビタミン C 本来の力をそのまま皮膚の奥まで届けることができるようになります。
そんな製品を開発したのがフィルテック社のvcスキンジェルです。

 

vcスキンジェルの効果や特徴

まずvcスキンジェルのすごいところは成分のうち99%が美容成分なところ!
肌に嬉しい成分を高濃度に配合しているので、
キメ・ハリ・皮脂よごれ・くすみなど様々な肌トラブルに対応できます!
では詳しく解説していきますね♪

 

 

vcスキンジェルは「5種類のビタミンC誘導体とビタミンE」配合

vcスキンジェルは進化型ビタミンC誘導体が入っているので、
以下の役割を期待できます。

ビタミンC誘導体の役割は?

  • 整肌効果
  • 透明肌アプローチ
  • ハリ感・ツヤ感をもたらす効果
  • キメを整える効果
  • つまりにくい肌作り
  • Tゾーンさらり保湿

 

vcスキンジェルは「半導体最先端技術を使って製造した【スチーム水】」を使用

特殊な技術によって極細な分子構造をしたスチーム水も配合しています。

スチーム水の効果とは?

  • 分子構造がとても小さいので、成分を角質層の深くまで届けることができる!
  • 物質を乳化させる力がある

 

vcスキンジェルは「お肌をマイナス方向に引っ張る成分を全て不使用」

  • パラベン
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 乳化剤(敏感肌には嬉しい!)
  • 合成香料
  • 合成着色料不使用

 

vcスキンジェルはこんな効果を期待できる!

  • バリア効果を高める
  • きめ細かい透明肌
  • ハリのあるうるおいふっくら肌
  • ザラ付きにくい(コメドができにくい)強い肌
  • お手元のスキンケア商品と組み合わせてもいい
  • お肌の自力を高める

 

vcスキンジェルはどこで購入できる?

薬局や通販サイトでは購入できないため、
現在は公式サイトでのみ販売をしています。
こちらのボタンリンクからアクセスできます!
ちなみにいまは新販売のキャンペーン価格中なのでこの機会を逃すととても損をしてしまうから注意してくださいね。

 

vcスキンジェルでうるおい保つなら今しかない

たまに顔に直接レモンパックをしたり、
本来は希釈する必要がある原液を肌に塗るという人がいますが、

 

これはとてもお勧めできることではありません。というのも敏感肌の人は肌にトラブルが多い傾向があるので、これをやってしまうと刺激が強いあまりさらに肌にトラブルが多く出てしまうことがあります。肌に良いと思ってやっていたことがかえってニキビやしわシミ等が増えてしまったらとても目が当てられませんよね。

 

ただビタミン C は抗酸化作用があったりアンチエイジングの効果もあるのでとても優れた成分であることには変わりません。そのままだと成分が不安定なので壊れやすく蒸発しやすい、皮膚に染み込みにくいというような特徴がありますがビタミン C 誘導体ならその弱点も補っています。
ビタミン C 誘導体は脂溶性水溶性とこれを併せ持った両親媒性というのはあります。
水溶性は即効性があり浸透しやすいという特徴がありますがあまり持続が苦手。
刺激が少し強いので肌が弱い人はあまりお勧めできないという弱点があります。
脂溶性についてはこれは即効性自体はそこまでありませんが、皮膚への刺激が優しいため吸収率やが持続率が高いという特徴があります。

 

一方、両親媒性はこれら二つの特徴を兼ね備えている性質があります。

 

vc スキンジェルは両親媒性なので肌に優しくそして成分の持続性も高い優れた美容液となっています。
肌のトラブルにずっと悩んでいる方は是非とも VC スキンジェルによって潤いを保ったハリのあるクリアな肌を手に入れてください。
ただキャンペーンは今しかやっていないのでこの機会を逃すと2500円以上高い金額で購入する羽目になってしまいます。
お得な機会を逃さないよう早め早めの行動が美肌への第一歩です。

 

 

肌の保湿力が低下してしまう要因(外へ屋内について)

まず季節の変わり目によって気温が下がったりする秋や冬これは空気がとても乾燥します。また寒い秋や冬以外でも室内でクーラーが効いていたりヒーターを灯していたりして空気が乾燥している状態も注意が必要です。このような部屋に長くいると角質から水分が出やすくなっていくんです。また紫外線も注意が必要で肌表面に刺激を与えて角質から水分を奪ってしまうんです。

 

美容皮膚科の最新治療事情

美容皮膚科では、肌の悩みを改善するためのさまざまな治療がおこなわれています。ここでは、代表的な治療をいくつか紹 介しましょう。
「美容医療」でシワやたるみを解消する シミやシワ、たるみなど、ふだんのスキンケアでは解決しない悩みでも、「美容医療」を受ければ改善するものがありま す。美容医療とは、医師が医薬品や医療器具を使い、美しい肌や容姿をつくる医療行為のこと。美容医療を受けられるのは 美容外科や美容皮膚科で、美容外科ではメスを使って外科的治療をおこなうのに対し、美容皮膚科では、基本的にはメスを 使わず、外用薬を使ったり、レーザーや注射などを用いてシミやシワの治療をします。医師がおこなうところが、エステテ ィックサロンとの大きな違いです。
安全で高い効果が期待できる美容医療ですが、治療の内容や費用は医療機関によってさまざまです。トラブルに巻き込ま れることもまったくないとはいえないので、自分でもそれなりに治療の内容を知っておくことが大切です。また、美容治療 のほとんどに保険が適用されないので(※)、費用面もきちんと確認しておきましょう。
※純粋な美容を目的としておこなう治療には、現行の保険制度は適用されないことになっています。ただし、先天性のアザのレーザー治療など、一部保険適用にな るものもあります。
シミやアザ、ホクロの除去に レーザー
●どんなもの?
レーザーを使った治療にはいろいろなものがありますが、美容医療でよく知られているのは、シミやアザ、ホクロを取り 除くものです。レーザーの光線は皮膚の正常な部分には反応せず、患部のみを焼いて取り除くことができます。この性質を 利用して、シミやアザ、ホクロのみを焼いて取り除くのです。 シミ治療でいうと、焼ける瞬間にゴムをパチンとはじいた程度の痛みがあり、その後1~2週間は、レーザーを当てた部 分はもとの色より黒くなります。ガーゼを貼ったりする必要は通常なく、小さい肌色のテープを貼るか、もしくは浅いもの の場合はテープなしで、上からメイクで隠すことも可能です。 ●費用のめやすと治療期間 シミなど患部の大きさにもよりますが、1か所につき5000円?がめやすです。1回で済むものが多いです。

 

●どんなもの?
レーザー治療が患部に集中的に光線を当てるのに対し、レーザーよりも幅広い波長の光を発して肌を活性化させるのがー PLです。とくにニキビや赤ら顔(脂漏性皮膚炎)には即効性があります。
コラーゲンを活性化し、毛穴の引き締めや小ジワ改善にも働きかけます。術後はすぐにメイクが可能で、はれたりするこ ともほとんどありません。IPLはシミ治療にも用いられますが、シミの場合はシミ用のレーザー(ルビーレーザーかヤグ レーザー)のほうが効果的なようです。 ●費用のめやすと治療期間 約1か月おきに3~10回程度おこないます。1回の治療費は2~5万円程度です。 注意 光を照射して肌を活性化させる治療のなかでは、IPLは比較的おだやかなものです。トラブルは少ないのですが、深い シミや小ジワが消えることはあまりないようです。

更新履歴